末期がんの治療│骨に転移した際の治療方法

医者と看護師

血糖値の基準値を知ろう

生活習慣病などの話によく出てくる血糖値ですが、この血糖値は糖尿病と密接な関係があります。基準値を越している場合は、基準値を保って生活ができるように生活習慣を見直しましょう。

がん細胞は骨にも転移する

ナース

骨にも転移をしてしまうがん細胞

様々な部分に転移をすることで知られるがんですが、転移するのは臓器だけではありません。身体の組織や、さらには骨にまでがん細胞が転移してしまうことがあります。骨に転移をする時は末期がんに多く見られる症状ですが、がんの種類によっても骨転移が起きる頻度や時期などは異なってきます。たとえば、胃がんなどは早期の骨転移の可能性は稀ですが、乳がんや肺がんなどの場合は比較的早期に骨転移をしてしまう場合が多くあります。また、最終的に色々な場所に転移をして末期がんになると、最終的に骨に転移していくことも多いです。

骨転移の際に起きる主な症状と治療方法

骨転移には複数の症状がありますが、大きく分けて痛み、病的骨折と麻痺の三つがあります。
初期症状では少し違和感がある程度ですが、がんが進行していくにつれて正常な骨が破壊されていきます。この進行していく際にまず痛みが発生します。骨の破壊が進行すると骨自体が脆くなり、何気ない日常生活でも骨折してしまう危険性がでてきます。また、がん細胞によって骨の再生も妨げられてしまうため、通常の骨折よりも治るのが遅くなってしまいます。そのため、手術による骨折の治療などが必要になってしまいます。そして更に進行していくと、最終的には脊髄にまで被害が行くことで身体が麻痺してしまうことがあります。治療方法は抗がん剤で進行を防ぎながら、同時に骨を破壊している細胞の進行を抑制するための薬剤を併用して症状を抑えます。骨転移は根底から治療をするのが難しい症状の一つですが、早期に発見し治療を行うことができれば、進行を抑えて通常の生活を送ることも可能になる場合もあります。

病院

NK療法

がん治療の1つであるNK療法は、がんを治すために開発された、国内で唯一患者が効果を実感できる細胞療法とも言われています。副作用も一過性のものとなるため、患者への負担も少ないです。

診断

実費で健康診断に行く際は

大阪で健康診断を受けようとする際、会社で健康診断が定められている場合と違い自営業やフリーターなどの場合は自身で医療機関を探して健康診断を受ける必要があります。実費で安く健康診断を済ませるための参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2017 末期がんの治療│骨に転移した際の治療方法 All Rights Reserved.