末期がんの治療│骨に転移した際の治療方法

NK療法

がんを治すために開発されたNK療法

がんの医療方法にも種類がいくつかありますが、その中でもNK療法といった療法が注目されています。このNK療法は人の体内にあるナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化させ、がん細胞を倒させるといった療法となります。抗がん剤での治療などと違い、患者が効果を実感しやすい治療になっていて、患者の精神的なモチベーションを保つ上でも重要な効果があります。今までは完治が難しく、延命やQOL改善を目的とされてきたがん治療でしたが、がんを治すことを目的として開発されたNK療法が今注目を集めています。

NK療法の手順と副作用について

元々体内にあるNK細胞ですが、この細胞はがん細胞が入ってきた時に、がん細胞によって眠らされてしまいます。そして天敵を抑えたがん細胞はゆっくりと勢力を拡大し、転移していきます。この身体を流れている眠ったNK細胞を採血によって取り出し、培養をすることによってNK細胞を起こして活性化させ、血液中のNK細胞の量を増やします。その後、また点滴によって体内に戻します。体内に戻ったNK細胞は敵であるがん細胞を攻撃し始めます。その際に発熱などの症状がおきますが、あくまでも一過性のものです。身体に元々あった細胞を起こして活性化させて戻しただけなので、目立った副作用もそれほどありません。また目に見えて効果がでることも多いため、点滴を行う度に効果が実感できる療法とも言われています。がんを早期発見した場合などには有効な方法でもあるため、がん治療の際には検討してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2017 末期がんの治療│骨に転移した際の治療方法 All Rights Reserved.